美白美容液に含まれる有効成分をチェック

美白美容液に含まれる有効成分をチェック

 今、美白に精を出す女性が少なくありません。白い肌は七難隠すとも言われており、白く美しい肌は女性の憧れの的となっています。そんななか、美白美容液が非常に注目されています。

 

美白美容液には美白成分がたっぷりと入っているので、肌を白く美しくすることができます。

 

美白美容液にはどんな有効成分が入っているのでしょうか。

 

 まず、プラセンタが美白効果のある成分です。プラセンタは胎盤という意味があり、まさしく豚や鶏の胎盤のエキスを使っています。

 

胎盤はお母さんとお腹の赤ちゃんをつなぐ大切な部分であり、肌をつくるための有効成分が詰まっています。

 

そのため、プラセンタを摂取することで、肌のターンオーバーが活性化されます。

 

そうすると、メラニンを含んだ古い肌が除去され、生まれたての白い肌になることができるのです。

 

美白成分は他にコウジ酸などが挙げられます。コウジ酸は名前の通り、米麹などのなかに含まれている成分です。

 

特に酒造りをしてる女性の手が白いことから発見された成分であり、今やいろんな美白美容液に配合されています。

 

 

他にはアルブチンやダーマホワイトなどがあり、これらを複合的に用いることで、より美しい白い肌になることが可能です。

 

保湿化粧品ランキング

私が使ってる美白美容液!

 

私は普段のスキンケアに、ロート製薬の『オバジ c10』を使ってます。そもそもニキビがひどくて、ビタミンC誘導体っていうのがニキビやニキビ跡によくきくと聞いたので購入しました。

 

使用感は、オイルっぽい感じです肌なじみがよく、二滴程度で顔全体にのびてくれます。

 

オイルっぽいけどのばして乾くとさらっとしてて、べたつきもそんなに気になりません。香りはビタミン!って感じ、もしくは柑橘系のような爽やかな香りです。

 

肌が弱いんですが、一時期肌荒れがひどかった時に塗るとちょっとひりひりと肌にしみましたが、すぐおさまりますし、赤くなることもなく肌荒れまで片付けてくれる出来る子です。

 

で、タイトルの美白美容液、っていう言葉に関してですが、肌のくすみを消してくれるんです。

 

ニキビ跡の赤みや黒ずみ、毛穴の開きなんかにも作用してくれるので、結果的に美白に繋がっています。

 

ニキビやニキビ跡のせいで何かくすんでた私の顔も、毎日使うごとに明るくなってきています。

 

もっと濃い成分のものもあるので、ほしくなってしまいますが、キリがないので今はc10で我慢!

 

美白!って謳ってる化粧品には負けるかもしれませんが、肌が弱い、荒れている、ニキビ跡が…、っていう方には本当におすすめです。